2016年9月のメッセージ

「藤華祭」に想う

 去る9月24日(土)・25日(日)の2日間に渡って、「藤華祭」が行われました。今年度のテーマは、”光~君の笑顔が見たい~”のもとに、全校生徒が各分野に全力をあげて取り組みました。
 
 今年度のテーマに、生徒の皆さんはどんな思いを入れたのでしょうか。その思いとは、千代田女学園は生徒自身が「光」へと成長していける学び舎。その学び舎で、弾ける笑顔を通して学園を訪れる皆さんも笑顔になって、自身の「光」を見つけてもらえればという願いです。
 
 2日間、そのテーマ通りの姿勢で多くの方々をお迎えしました。中学生の学年発表は、毎年確実に内容が深まっています。各学年での”学び”を通して、各分野ごとの独立性と全体の共通テーマを考えての発表に力強さを感じました。
 
 また各文化部の発表も、そして運動部の演技発表も、それぞれの趣きを深く感じることができ、高い評価を得ていました。そして高校生グループの”模擬店”も大繁盛でした。
 
 生徒一人ひとりが、それぞれの役割を心得て、笑顔あふれる姿でしっかり輝いていた2日間。きっと記憶に残る「藤華祭」になったことでしょう。

 準備段階からの沢山の経験を通して、そこから何かに気づき、そして何か考え、これからの学園生活で自分の取るべき行動も確認したのではないでしょうか。今年も充実した”スクール・フェスティバル”でした。